葬儀(お葬式)のマナー

常光閣の資料請求
0120-03-5005

お葬式のマナー

01
服装 (どんな服を着ていけばいいの?)

【男性の場合】
白無地のワイシャツに黒の礼服の上下が一般的です。ネクタイは必ず黒の無地のものを着用してください。
またタイピンは、基本的にはつけませんが、つける場合は金属や派手なものは避けましょう。
必ず黒の靴下を着用して下さい。特に靴を脱ぐ時に目立ちます。
カフスボタンは慶事用と感じるものが多いので付けない方が無難です。

男性の場合

【女性の場合】
服装は黒が基本で、洋服の場合、全身黒であればワンピース・スーツなどの形は問いません。
但し、いくら黒でも以下のものは避けましょう。
透けた素材やノースリーブなど肌を露出する服装(夏でもノースリーブは避け、せめて五分袖か七分袖にします。)
光沢のあるサテンや、生地の織模様が極端に目立つもの、殺生につながる表革や毛皮、あまりにカジュアル過ぎるものや麻などのしわになりやすいもの、夏でも素足は厳禁です。必ず黒ストッキングを着用しましょう。
アクセサリーはネックレス、イヤリング、ピアス程度。指輪は結婚指輪のみです。素材は涙を連想させるパールが一般的ですが、黒一色のオニキスやジェットも用いられます。

女性の場合

【子供の場合】
学生の場合、男女とも制服があれば、それが正式な礼装となります。無い場合は地味な色合いの服を選びましょう。
小学生以下の場合は、白のブラウスかシャツを用意し、男の子なら濃紺のジャケットをはおればいいでしょう。女の子は黒のワンピースでもかまいません。

02
香典 (金額は?いつ持参すればいいの? )

金額は、生前、故人とどのような関係にあったかで決まります。包む側の社会的な地位や地方の習慣によっても異なります。
持参時は、通夜か告別式のどちらかに持参するのが適当です。この時、香典はむき出しにせず、袱紗に包みます。
袱紗の包み方は、まず柄や家紋が或る場合には、その正面を下方に向けて袱紗をかけます。次に右を折って下を折り、上を折り重ね、最後に左を重ねて包みます。
お通夜、葬儀ともに出席できない場合は、香典を弔辞用の袋に入れてから、出席できない理由と故人のご冥福を祈る手紙を添えて、現金書類で喪主宛に郵送します。

袋
03
弔電 (打つにはどうすればいい?)

遠方などの事情で告別式までに弔問できないときは、知らせを受けたらすぐに送ります。電報は局番なしの「115」に申し込むと配達日の指定も出来ます。または直接NTTの支店や営業所へ。ホームページから予約することも可能です。
最近ではNTTの「115」でお悔やみ電報の文例がたくさん用意されていますので、間違いのない弔電を送りたい人はその中から選ぶといいでしょう。台紙も押し花付のもの、ふくさに包まれたものなどいろいろあります。
基本的な文例に自分なりの言葉を加えたり、故人にふさわしい文を考えて打つこともできます。
例1: ご逝去の報に接し、心から哀悼の意を捧げます。(字数23)
例2: 悲しいお知らせに呆然としております。お別れにも伺えず、残念でなりません。心からご冥福をお祈りいたします。(字数52)

04
供花 (お花をおくりたいのですが)

第一報を聞いたとき、御葬家の方にお花をおくりたい旨を伝え、葬儀会社の連絡先をききます。
この時喪主名を聞くことが大切です。(花の注文や電報を打つ時など知らないと困ります。)
御葬家の方に会場名だけをうかがい、その会場に問い合わせて葬儀会社の連絡先を聞くのもいいでしょう。
直接自分で花屋に注文したりすると、会場で飾られている花の種類と合わなくなったりするので葬儀会社や会場等に問い合わせをして注文した方がいいでしょう。

花輪
05
言葉遣い (タブーとされる言葉、お悔やみの言葉)

タブーとされる言葉(宗教に関係なく)
悲しいことを繰返す言葉や「死」という言葉は避けましょう。
「かえすがえす」「またまた」「重ね重ね」「再三」「たびたび」「くれぐれも」「死去」「死亡」「とんだこと」「追って」「続く」「いよいよ」「再び」等

通夜・告別式の受付では 「この度はご愁傷さまでございます。」
「突然のことと心よりお悔やみ申し上げます。」
香典袋を出すとき 「どうぞ、お供えください。」
記帳が終わって 「お参りさせていただきます。」